【二世帯住宅】リノベーションor建て替え?

  • 投稿日:

  • カテゴリー:



齢になった両親のサポートや子育てのために、実家を二世帯住宅に変更し、両親と同居しようと検討している方も多いのではないでしょうか。

しかし、いざ二世帯住宅を建てようと考えても、リノベーションと建て替えのどちらを選ぶべきか、迷ってしまう方も多くいらっしゃるかもしれません。


今回の記事では二世帯住宅を検討しはじめた方に向けて、二世帯住宅の種類やメリットについて解説し、建て替えとリノベーションを費用面から比較していきます。

「最初の一歩目をどう踏み出せばいいか分からない」とお悩みの方のお役に立てば光栄です。



二世帯住宅とは?

親世帯と子世帯の同居を前提として建てられた住宅を二世帯住宅と呼びます。
その中で、二世帯住宅は間取りによって3種類に分けられます。

 ■ 完全同居型  

キッチン・浴室・トイレ・玄関が一つの二世帯住宅です。

二つの世帯で同じ空間を使うのが完全同居型の特徴で、同居する人数分の寝室を用意するのが一般的です。 敷地が狭くても建てることができ、費用も比較的抑えられるのがメリットです。
お互いの様子がすぐに分かるため、両親の介護や子どもの面倒を見てもらう場合に適しています。

一方でプライバシーの確保が難しくなりやすく、親世帯と子世帯で食事などの生活リズムにズレがあると、ストレスが溜まってしまうデメリットもあります。

 ■ 部分共用型  

玄関やトイレなど、一部の生活空間を共有し、キッチンやリビングなどは世帯ごとに設けるタイプです。

一階を親世帯、二階を子世帯の居室にする場合が多く、プライバシーも確保しながら同居している安心感も得られます。完全分離型よりも低予算で建てられ、敷地面積もそれほど必要としません。

デメリットとしては、リビングを共有スペースにすると来客時に遠慮が生まれる、浴室を共有スペースにするとお互いの些細な使い方の違いにストレスが溜まる、など共有スペース別で考えられます。
建築前にしっかりと間取りをお打ち合わせしましょう。


 ■ 完全分離型  

親世帯と子世帯の生活空間が完全に分かれているタイプです。玄関・リビング・キッチン・浴室も世帯ごとに設けられています。

同居というよりマンションの隣の部屋で生活するようなイメージで、何かあればすぐに連絡できる距離にいながらも、プライバシーはしっかりと確保できるのがメリットです。
それぞれの玄関に表札を掛けられるので、名字が異なる場合にも便利です。最近では、家の中から往来できるように、ドアを設ける方もいます。

多くのメリットがある完全分離型ですが、費用が高くなりやすいです。
すべての設備を2つ以上設ける
ため、他の種類の二世帯住宅と比べると高額な費用が必要です。



二世帯住宅のメリット

費用や間取りについてのメリット・デメリットをあげてきましたが、二世帯住宅生活にすることのメリットとはどの様なことがあるでしょうか。


どのタイプの二世帯住宅にもメリットはたくさんあります。

例えばお子様のいる共働きの夫婦なら、ご両親に子育てをサポートしてもらいやすいことが挙げられます。子育ての先輩がすぐ近くにいる安心感は、想像以上に大きなものでしょう。


他にもご両親が高齢で体調が心配という方であっても、同居によって何かあったときにすぐ対応できる安心感を得られます。



■税制優遇を受けられる可能性も

二世帯住宅を建てる際は、軽減措置や優遇制度が用意されています。


所定の条件を満たすと、不動産所得税・固定資産税が軽減され、小規模宅地の特例や住宅取得等資金贈与の非課税枠が適用される場合は、相続税の優遇税制を受けられます。

お得に二世帯住宅を建てられる優遇制度なので、検討中の方は下調べしてみてください。お時間があれば詳しくご説明もさせていただきますので、お気軽にお問合せください。


■建て替えとリノベーションの比較

“建て替え”とは、家を解体して更地にした状態から、新しく建てること。
“リノベーション”とは、柱や梁といった建物の基礎を残しつつ、内装仕上げや設備を改築・修繕することです。


■建て替えとリノベーションのメリット

“建て替え”は、最初から新しい家を作り直すため、親世帯と子世帯の理想を最も叶えやすい手法です。全て一度取り壊すため、心機一転新しい我が家を手に入れられます。

“リノベーション”は、家を解体する必要がないため、工期が短くなります。スピード感を重視したい方はリノベーションが良いでしょう。また、愛着のある実家が跡形もなくなってしまう建て替えに比べて、リノベーションは住み慣れた実家の面影を残したまま新たに生まれ変わります。


■建て替えとリノベーションの費用

建て替えとリノベーションの違いを理解した上で、それぞれの費用相場を見てみましょう。

 ■ 新築建て替え  

・・・解体費500万円+建築費用2000万円=2500万円(概算)

家を更地にする”建て替え”は、家を新しく創り出すため、建築費用に解体費が大きくのしかかってきます。建築費用以外にも登記や税金が発生します。

 ■ リノベーション  

・・・建築費用500万円~2500万円(概算)


"リノベーション"は、元ある家をグレードアップさせる工事なので、解体費用を抑えられます。
さらに条件に合えば補助金や助成金の対象になる場合もあるため、限られた費用で二世帯住宅を建てたい方には、リノベーションがおすすめです。



まとめ

実家を二世帯にする際、建て替えとリノベーションのどちらが適しているのか、お悩みの方は、まずリノベーションを検討してみてはいかがでしょうか。
リノベーションなら、大切な実家の思い出を活かした上で費用を抑えることもできて、あたたかさを残した二世帯住宅を実現することができるかもしれません。

二世帯住宅は、介護や子育ての面で多くのメリットを持っており、共働きのご夫婦や高齢のご両親がいらっしゃる方におすすめです。
また、二世帯住宅の形式には3種類あり、どのタイプがおすすめなのかはご家庭の状況や価値観によるところが大きいため、それぞれの特徴を把握した上でどのタイプにするのかを決めましょう。

これから二世帯住宅を建てたいとお考えの方は、豊富な耐震実績による安全性とデザイン力の高さを誇る弊社へぜひご相談ください。