【戸建てフルリノベーション】費用相場とは?

  • 投稿日:

  • カテゴリー:



「共働きで子育てが満足にできる環境ではない」「高齢になった両親が心配」など・・・
生活環境が変化している昨今、二世帯住宅に注目が集まっています。



今、このページをお読みいただいている方の中にも同じような悩みを持ち、今の住まいや中古住宅を二世帯住宅へフルリノベーションしようか?とご検討されている方もいらっしゃるかもしれません。

今回は、中古の戸建てをフルリノベーションする際の費用やメリット、デメリットについて解説します。実際のリノベーション事例を紹介するので、フルリノベーションの全体感をイメージするためにぜひご活用ください。



戸建てをフルリノベーションする費用の相場

中古戸建てフルリノベーションする場合、施工範囲や建物の状況によって費用は変動しますが、相場は下記のとおりです。 費用についても使用する設備や施工会社により異なるため、あくまでもイメージとして参考にしてください。



 ■ 外壁は残して内装フルリノベーションした場合  


・20坪で750~1200万円ほど

・50坪で1400~2000万円ほど


 ■ 内装・外装あわせてフルリノベーションした場合  


・20坪で1000~1400万円ほど

・50坪で1900~2500万円ほど






フルリノベーションのメリット

中古戸建てのフルリノベーションは、新築戸建ての購入や建て替えよりも低コストで自由な設計が叶うメリットがあり、二世帯住宅など理想の暮らしを実現したい方に向いています。



 ■ 理想の家を実現可能  

フルリノベーションは、住宅すべてを対象にしたリノベーションです。
一度骨組みの状態に戻すために排水管などをすべて外すので、水回りの位置など間取りを自由に変更でき、理想の家を手に入れられるのが魅力です。

注文住宅を建てるときと同じように自由度が高く、間取り以外にも設備や素材も好きなものを選べます。とことんこだわりたい方、理想の家に住みたいという方には中古戸建てのフルリノベーションがおすすめです。

 ■ 低コスト  


フルリノベーションは柱や基礎といった骨組みを残したまま実施するため、解体費用がかかる建て替えや新築購入よりもコストが抑えられます。

また、建物の構造部分を見られるため、現状の耐震性をチェックすることが可能です。
劣化があった場合は、リノベーションと併せて耐震補強工事をすることで安心して長く暮らすことのできる住宅に生まれ変わります。

 ■ 法的な制限を受けない  


築年数の古い戸建ては、建築に関わる法律の改正や区画整理によって、建てた当時よりも土地の制限が厳しくなっている場合があります。
建て替えの場合は一度解体するため、現在の規制に則った述べ床面積にしなければならず、今よりも狭くなってしまうこともあります。

その点、フルリノベーションの場合は、基礎部分が残っているため、この制限を受けづらいため、自由に家を作り変えられます。

 ■ 資産価値が上がる可能性がある  


建物の価値は築年数とともに下がっていくものです。

しかし、フルリノベーションをして新しく生まれ変わったことで資産価値が上がり、もし売却をされる際に有利になる場合があります。

将来的には賃貸として貸し出し、収入源として活用する方法もあります。



フルリノベーションのデメリット

フルリノベーションのデメリットも知っていただき、メリットと同様にしっかりとご検討ください。



 ■ 住み始めるまでに時間がかかる  


建て売りされている戸建ては購入後にすぐ住み始められますが、フルリノベーションは全てを作り変えるため設計や工事に時間がかかります。戸建てを二世帯住宅にするなら、設計・施工それぞれで3ヶ月以上かかることを想定しておきましょう。

現在、二世帯住宅へのフルリノベーションを検討し始めている方であれば、設計・工事合わせて半年程度必要になることを含めてスケジュールを立てましょう。

 ■ 施工会社選びが難しい  

フルリノベーションは地盤や耐震性など専門的な知識を必要とするだけでなく、古い基礎と新しい建材をうまく組み合わせるために高い技術が必要です。

新築専門や、特化型のリノベーション会社では対応できない場合もあるので、イメージしている施工が実現できるのかをしっかりと確認することが非常に重要です。

そのため施工会社選びに難航し、なかなかリノベーションまで進まないことがデメリットとして挙げられます。弊社は耐震診断・リノベーションにおいて多くの実績がありますので、安心してご相談ください。



フルリノベーションの事例


< 1 > ハイクラスな木造リノベーション
 …(費用感:約2400万)


水回り・寝室・外構など、内装と外構のフルリノベーションを行いました。

壁や天井にはブラックウォールナット、床にはナラ、といった天然木材を使用し、エントランスまわりの外壁はレッドシダーで構成することで、木のぬくもりを感じられる上品な住まいに。

室内のメインカラーはホワイトで、広さを感じられる空間になっています。
さらに、木造建築では難しいとされている広いLDKを実現した自慢のリノベショーン事例です。





< 2 > ヨーロッパを思わせるスタイリッシュな欧風リノベーション
 …(費用感:約600万)


リビング・天井・洗面化粧台・玄関・ベランダといった内装のフルリノベーションです。

色鮮やかで印象的なレンガ壁、モルタル製のキッチンボード、ヴィンテージの本棚で垢抜けた印象のリビングへ。洗面エリアの建具を金色にしたり、壁やドアにカラフルな色を取り入れたりと、ヨーロッパテイストのオシャレなカラーリングを施しました。



まとめ

子育てや両親のご心配などがあり、二世帯住宅へのリノベーションを検討している方に向けてフルリノベーションの費用やメリットについて紹介しました。

二世帯住宅は通常の戸建てよりも設備が多くなるため、理想の実現を叶えつつも予算を抑える工夫をすることが必要になると考えます。 フルリノベーションの場合は、内装・外装全てを作り変えても1000~2500万円ほどで済むため、新築を購入したり、建て替えたりするよりも費用が抑えられます。

住み始めるまでに時間がかかるというデメリットもありますが、費用面・満足度の高さから見ても、戸建てのフルリノベーションはおすすめです。

費用を抑えて安心できるマイホームを作れる戸建てのフルリノベーションは弊社にお任せください。実績豊富な私たちが、今お住まいの戸建てをしっかりと調査し、耐震診断・お見積りいたします。ぜひ一度ご相談くださいませ。